9月7日、『おかしのずかん』出ました!

お待たせいたしました。さぁ、お茶にしましょう〜。

おかしのずかん表紙
『kodomoe』2020年10月号の付録絵本としての発売です。

コドモエのずかんシリーズ、最新作はおかし。おかしって、最初から役者が揃いすぎていますよね。
ふわふわの、しっとりの、ずっしりの、ほろにがの、サクサクの、クリーミーなの、サクホロッの、ひんやりの……。もう反則レベルの豪華共演となりました。

おかしのずかん見開き
美味しそうにならないはずがないページ(笑)

日本では「ショートケーキ」を筆頭に、ふわふわのスポンジ生地でクリームやフルーツをサンドするケーキがとても多いですが、それはヨーロッパをはじめ、他の国のお菓子事情からするとちょっと特別なことみたいです。フランス版のショートケーキ「フレジエ」はふわふわのスポンジ生地は使っていなくて、もっとずっしり濃厚なんですって。
ヨーロッパでは薄力粉より中力粉が使われており、ショートケーキを作ろうとしてもふわふわには仕上がらないそうです。
クリスマスに、イチゴと生クリームのクリスマスケーキを食べるのも、日本人だけなんだそうですよ。
日本人が考えたおかしと世界のおかしの違いとは……? そんなところに注目して読んでみるのも面白いかもしれません。すべてのおかしに、生まれた国がわかる国旗マークが付いています。

kodomoe2020年10月号
『kodomoe』2020年10月号、大好評発売中です。

『おかしのずかん』は雑誌『kodomoe』の付録絵本として発売されています。今はまだ単行本ではありませんので、ご注意くださいね。

もうひとつの付録絵本『にんにん!さすけまる』も面白いです。ねこまきさんの絵が小気味良いです。さすけまるが健気で可愛くて、濡れた鼻にスンスンしたい〜。

そして、今泉忠明先生のロングインタビュー。先生のイキイキワクワクしたエネルギーが伝わってきて最高です。
以前『ねこのずかん』の監修でお話した時、私は楽しすぎて失神するかと思いましたもん。

kodomoe2020年10月号より
「主役でなくてもいい。進化だけが全てじゃない。」沁みます。

「保育者・柴田愛子流 ホンネの子育て」の記事も、心にまっすぐささります。
福田淳子さんの「フライパンスコーン」のレシピも、なにこれ、美味しそう。
「推しがいれば人生楽しい」は、なんで私にインタビュー来なかったのかなー(私は『ハイキュー!!』推しです)。

今月の『kodomoe』は買いです。ぜひ。

大森裕子


9月4日、『めんのずかん』発売!

ついに単行本、出ました!

めんのずかん表紙
『めんのずかん』(白泉社)1,000円+税

『kodomoe』の絵本付録の時から、ページ数もメニューも美味しさもグググーンとアップしています!

めんのずかん見開き
ラーメンの解説ページ。このスープの色に苦労しました。

「コドモエのずかんシリーズ」で私が担当するのは、これが4冊目です。
『めんのずかん』を描いてみて、今までの3冊と一番違ったところは、印刷会社さんでの色の調整の難しさでした。
ラーメンのスープや、うどんのおつゆ、パスタソースの色…。これ、ほんのちょっと色が転んだだけで、すごくしょっぱそうになってしまったり、逆に薄すぎて美味しそうに見えなかったり。本当にほんのちょっとの違いなのですが、印刷の色が味を決めると言っても過言ではないと思いました。特にしょうゆラーメンが難しかったなぁ〜(って、実際調整したのは、図書印刷の皆さん)。

図書印刷の皆さま、時間がない中、何度も色校正を出していただき、私の無茶なお願いにも丁寧にこたえてくださり、本当にありがとうございました!
おかげさまで、こんなに美味しそうに仕上がりました!!

そして、発売に合わせて全国の書店560店舗で「30万部突破!コドモエのずかんシリーズフェア」を開催しています。

ずかんシリーズフェア
「特製ばんそうこう」がもらえるフェア、すごく可愛いですよー。

対象店舗でシリーズ新刊『めんのずかん』『とりのずかん ものしりあいうえお』ほか、既刊6タイトルのいずれかを購入すると、特製ばんそうこう5枚セットをプレゼントします!(特典は無くなり次第終了です)

詳細はこちらで↓
https://kodomoe.net/picturebook/35425/

秋の夜長、コドモエのずかんシリーズで、世界の美味しさ素晴らしさを味わってみるのは、いかがでしょーか?

大森裕子